葬儀 安く済ませる

葬儀を安く済ませる方法とは?

葬儀をできるだけ安く済ませるにはどうしたら良いでしょうか?

 

今は、昔と比べてインターネットで葬儀に関する情報が容易に入手できるようになりましたが、 納得のいく葬儀をするためには葬儀費用の内訳を知っておくことが大切です。

 

葬儀の内訳と費用

 

葬儀一式費用

喪服と計算機

・一般的に「葬儀プラン」と呼ばれている部分の費用: 遺体の搬送、通夜、告別式、火葬に必要な物品、人件費などが含まれた費用。

全国平均 約121万円。
・葬儀の内容によって大幅に抑えることができる。

 

飲食接待費用

・通夜から葬儀にかけて振る舞う飲食費や人件費。 参加人数に応じて費用が掛かる部分。
全国平均約30万円
・葬儀社に手配を頼むか、自分で飲食店を手配する。
・おおよそその費用は、通夜式後の「通夜ぶるまい」と火葬後の「精進落とし」の参加人数x4000円程度。

 

寺院費用

・付き合いのある寺院の僧侶を読んで、読経、戒名授与のお礼として渡すお布施の費用。
・通夜の読経〜翌日の告別式、火葬時の読経を依頼。
相場は約47万円だが、地域や寺院によって幅がある。

 

 

主な葬儀形式と費用

 

葬儀形式は、@親しい人のみを招くのか、一般の参列者も招くのかA宗教的儀礼を重視するのか、の2つによって決められ、それらによって費用も変わってきます。

 

一般的な葬儀形式

一般の参列者を招くので、飲食接待費や寺院費用が発生。 多くの友人・知人に参列してもらう予定の人に適している。

 

家族葬形式

家族、限られた友人・知人など親しい人に限定して行う形式の葬儀。 参列者の人数30人以内の小規模の葬儀を指す。
一般的な葬儀と同様に、通夜、告別式を行う。 葬儀社によって内容・金額が異なるので、よく確認する必要がある。

 

火葬・直葬

通夜・告別式等の儀式は行わない。火葬のみ。 親しい人数名、一般参列者は呼ばない。
費用を抑えたい、参列者が少ない人に適している。 10万円以内で提示している場合には、総額で確認すること。

 

 

葬儀費用を更に安くする4つの方法

 

1.葬祭費の補助・扶助制度を利用
国民健康保険加入者−1万円〜7万円の葬祭費が支給される(2年以内に申請)、 社会保険加入者−5万円の埋葬費が支給

 

2.生活保護を受けている人
葬儀費用の支払いが困難な人の場合は、葬祭扶助制度によって自己負担0円で葬儀ができる。

 

3.葬儀の保険・サービスを利用

 

4.寺院手配サービスを利用
菩提寺(お世話になっている寺院)がない場合、僧侶の手配サービスを利用することで 費用を抑えられる場合がある。

全国一律定額サービスなどもあり、安心です。

 

 

TOPページに戻る