家族葬 安い

家族葬−「安いお葬式」を選ぶ人が増えています!

昔は故人のためにできるだけ多くの人を呼んで盛大に葬儀を行うのが善しとされていましたが、最近では宗教観や価値観の変化に従って、あまりお金をかけない「小さなお葬式」を選ぶ人が増えています

 

時代の変化とともに日本人の葬式・葬儀に対する考え方も変わり、それに従って選択肢も増えより自由になったわけですが、選択肢が増えた今、遺族の側も葬儀社や葬儀の内容に関してあえる程度の知識と「見る目」を持って臨むことが必要になってきたと言えます。

 

初めての喪主で、どうしたら良いか全くわからない・・・

 

祭壇

もしあなたが下記の一つでも当てはまるなら、紹介された葬儀社等と何も知らないまま契約を進めてしまうとあとで後悔することになるかもしれません。

 

  • 費用はあまりかけられないが、どんなお葬式ができるのか?
  • 実際葬式の費用はどのくらいかかるのか?
  • お葬式はどこでやればいいのか?
  • 初めて喪主を務めることになったけど、何をどうすれば良いのか?
  • 何をいつまでに準備すれば良いのか?
  • 近々葬儀が必要になりそうだけど、どこに相談すれば良いのか?

 

では、後悔しない信頼できる葬儀社を選ぶはどうしたら良いでしょうか?

信頼できる葬儀社を厳選:実績豊富で、24時間365日専門の相談員が対応!

葬儀祭壇

不幸はいつ何時起きるか分かりません。私の母が亡くなったのも午後11時過ぎでした。

 

以下ご紹介するサイトなら、どちらも深夜早朝に関わらず24時間365日、葬儀に詳しい専門の相談員が対応してくれます。

 

それぞれの特徴を紹介しますので、それらを参考に先ずはネットで問い合わせることをお勧めします。

 

時間の節約のために複数のサイトに同時に問い合わせするのがお勧めです。

 

亡くなる前に準備をするというのは気が引けるというのも分かりますが、もしあなたが今「ひょっとしたら・・・」と心の片隅に不安を感じているのでしたら、まだ時間的・精神的な余裕があるうちに、情報だけでも取っておくことをお勧めします。

 

亡くなった直後では時間をかけて比較・検討する余裕もありません。

 

 

家族葬のファミーユ

ファミーユHP

運営会社:株式会社エポック・ジャパン
事業内容:葬儀葬祭に関する一切の業務、フランチャイズシステムによる葬儀葬祭事業の展開

 

<特徴>
・全国対応
・24時間365日深夜でも無料相談できるコンタクトセンター
・2000年の創業以来、53,000件の葬儀をお手伝いした豊富な実績
・時には他社のサービスを勧める徹底した顧客本位主義
厚生労働省認定の葬儀ディレクターの有資格者を100名以上抱えるスペシャリスト集団
・相談窓口のコンタクトセンターにも葬儀ディレクターを配置し、疑問や不安に的確に対応
・ネット申込で葬儀に必要な情報をまとめた資料を無料で送付
・全国1000か所の葬儀場とのネットワークで全国対応可能

 

「家族葬のファミーユ」への問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

 

 

シンプルなお葬式

シンプルなお葬式HP

運営会社:株式会社みんれび
事業内容:葬祭分野、歯科分野におけるネット情報提供サービス

 

<特徴>
・全国対応
・24時間365日専門相談員が対応するので、深夜でも相談できる
追加費用無しの「定額お葬式」を案内
・質問だけでもOK
・電話してから30分から1時間でお迎えに
・ネットから資料請求可能、3日以内に資料が届く

 

「シンプルなお葬式」の問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

 

 

小さなお葬式

小さなお葬式HP

運営会社:株式会社ユニクエスト・オンライン
事業内容:インターネットによる葬儀ビジネスの運営。葬儀用花配達事業

 

<特徴>
・日本全国対応可能
葬儀場数日本一(3,000以上の葬儀場)
追加費用が一切不要で安心の総額料金プランを提示(※審査部門の専門スタッフが見積書の内容を細かくチェック。本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切かを厳正に確認)
・安心の返金保障
・早割(早期申込)で最大66,000円の割引制度がある
満足度93.8%で口コミで評判
・24時間365日対応の携帯電話からも無料の電話相談
・カード決済OK。

 

「小さなお葬式」の問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

小さなお葬式

 

 

無料一括見積り請求:全国葬儀社で一番安いのは・・・

無料一括見積り


・全国約400社の中から一括最大10社の見積りが無料で取れる!
24時間365日対応!
・急ぎでも10分で解決!
入力は簡単!1分で終了!

 

全国葬儀社一括見積り請求ならコチラ<<<クリック>>>

 

 

 

 

今すぐ上記のサービスにご相談されることをお勧めします。

葬儀費用平均200万円!!

喪服と計算機

財団法人日本消費者協会が3年毎に実施している『葬儀についてのアンケート調査』によると、直近2010年のアンケート結果で葬儀にかけた費用の総額は、全国平均で1,998,861円、約200万円という結果になっています。(ちなみに最高額が810万円、最低額が20万円となっています)

 

新車が1台買える金額ですが、これを高いとみるか安いとみるかは個人の価値観にもよりますので一概には言えないと思いますが、結構な金額がかかる事は事実です。

 

また葬式を出した人の約3割が過去の葬儀代に納得できずに悔やんでいるというデータもあります。その理由は不明朗な業界慣行にあります。

 

急な不幸で葬儀に知識のないまま、葬儀社の言うがまま進めたら、後でびっくりするほど高い請求をされたという人が多いようです。

格安葬儀なら家族葬がお勧め!

葬式

先ず葬儀の費用・予算を安く抑えるにはどうしたら良いでしょうか?

 

それには葬式のスタイルを人数を抑えた「家族葬」にすることです。

 

「家族葬」とは参列する人を身内や親族・家族、親しい友人だけに限定して行う葬儀で、費用は一般的な葬儀よりもかなり抑えることができます。昔から言われる「密葬」も同じ意味です。

 

また最近よく言われる「小さなお葬式」、「シンプルなお葬式」は、この「家族葬」を含め「直葬」と言われるお葬式はしないで火葬だけするという、もっと費用を抑えたものもあります。

 

ただ、「家族葬」「直葬」と一言で言っても、葬儀屋(社)によってその内容が違うことが多いため、後で高い請求書が届いて驚いたというような話もよく聞きます。

 

そのようなことが無いように「葬儀費用が安くお値打ちで、安心して任せられる葬儀社」を今すぐ見つける方法をこの後ご紹介します

 

間違いない葬儀社選びとは?

悲しむ女性

多くの方は病院で最後の時を迎えることが多く、葬儀社も病院から遺体の搬送業者と併せて紹介される事が多いようですが、その業者にお願いしないといけないという訳ではありません。その葬儀社が信頼できる業者かどうかは分りませんし、費用も妥当なのかどうかも分かりませんよね。

 

ただ、一方で葬儀社選びにかけられる時間は限られていますから、できるだけ早く葬儀社を決めなくてはなりません

 

早く確実に「信頼できかつ安い葬儀社」を選ぶには、先ずは

 

@しっかり見積りを取ること、

 

A実際に葬儀屋に出向き、見積りに基づいて直接話をする

 

ことが必要です。

 

直接会ってお話することで、見積書だけでは分からない、葬儀社の社員の対応の良し悪しや雰囲気も分かるものです。
可能でしたら、数社とお話をし、比較することをお勧めします。

 

また見積りを取ると言っても手あたり次第にやっていたのでは時間が足りませんし、そもそも精神的にも大変です。。
すでに厳選された数社にあたり、その中で比較検討するのが賢明です。

 

そこで当サイトでお勧めするのが、上記の葬儀社になります。

 

お勧めの理由は、いずれも

  1. 豊富な実績
  2. 24時間365日の相談体制
  3. 明確な見積り
  4. 全国対応
  5. 高い顧客満足度

初めて喪主を務める人にも安心のサービスを提供しているからです。

 

先ずはこれらの葬儀社に同時に資料請求をして、比較検討するのが一番手っ取り早く間違いのない方法です。

良い葬儀社・葬儀屋の選び方−間違いだらけの葬儀屋選び!

病院で亡くなると、病院からすぐに遺体の搬送をどうするか聞かれることが多いと思います。
病院は生きている人のためのもので、亡くなった人は一時的に短時間「霊安室」に安置させてはもらえますが、できるだけ早く病院を出なくてはなりません。

 

多くの場合あらかじめ葬儀社を決めていることはないと思いますので、病院に業者への依頼をお願いすることが多いと思われますが、
遺体の搬送だけを取りあえず頼んでも問題ありません。

 

病院から紹介される葬儀者が良い葬儀社とは限りませんし、費用も高くなることも多いからです。

 

先ずは自宅まで遺体を搬送・安置し、その後葬儀をどの葬儀屋・葬儀社に依頼するかを「じっくりかつ手際よく」決めれば良いのです。

 

 

良い葬儀社選びのチェックポイント!

 

では「良い葬儀社」とはどんな葬儀社なのか、良い葬儀社を見分けるポイントをいくつかまとめましたので、葬儀社決定の際の参考にしてもらえればと思います。

  • 遺族の気持ちになって、遺族と一緒になって満足の行く葬儀を考え、提案できるか。

(高いプランばかり勧めて来ない)

  • 冷静さを失っている遺族の意を汲むために「聞く力」を持っているか。
  • 分かりやすいパンフレットなどの資料を用意しているか。
  • チラシの場合、「見えるもの」(祭壇写真の豪華さなど)に注目し、他社と比較して値段的に頑張っているか。
  • チラシに費用だけでなく、素人にも分かりやすく葬儀の流れや段取りについての記述があるか。
  • 葬儀社はサービス業。接客態度や言葉遣いなど、電話で問合せをした時から接客の基本ができているか。
  • 事前に明細のはっきりした見積書を出してくれ、詳しく説明してくれるか。
  • 素人の質問にも上から目線でなくきちんと丁寧に説明してくれるか。
  • いきなりプランの説明から始めるのではなく、施主の希望など丁寧なヒアリングをする顧客志向であるか。
  • 葬儀社に利益が少ない葬儀を希望しても、態度が変わらず丁寧な対応か。
  • 契約を焦って急がせたりしないか。
  • 葬儀を行う地元での実績は豊富か。
  • 費用の支払いまでに余裕があるか。
  • その他注意事項:一般価格○○万円のプランが、会員価格では○○万円!と謳ったチラシ・広告が多く見られますが、一般価格は業者が勝手に作ったもので本当に得なのかどうかの根拠があいまいなので、鵜呑みにしないようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

家族葬の種類について:あなたに合った家族葬はどれ?

お葬式の料金が安いのはいいのですが、安ければよいというものでもありませんよね。

 

やはり多くの人が気にするのは、正直世間体もありますし、「一般的にどんなお葬式が多いのか?」という点です。

 

そこで家族葬を選んだ人が、更にどんなプランを選んだのか、家族葬の種類をご紹介しますので、自分に合ったプランはどれになるか参考にしてください。

 

@火葬式(直葬)

 

火葬式は「直葬」とも呼ばれ、その名称の通り最低限の「火葬」のみを行うものです。
従って「お通夜」や「告別式」などの儀式は行わず、お寺も呼びません。限られた親しい人だけが火葬場に行き取り行う少人数にお勧めのプランです。

 

祭壇は無し、会葬者も招かないため、儀式の費用や接待の費用を抑えることができるので、極力費用を抑えたい人にお勧めです。

 

「確かに費用は抑えられるけどあまりにも質素では・・・」と心配になる人もいるかもしれませんが、実はこの「火葬式」、故人の身内だけで行う家族葬(密葬)の中でも一番依頼が多いプランです。

 

メリットとしては費用以外にも、お通夜や告別式の準備や参列者の対応が必要ないので、時間的な制約が少なくゆっくりと故人を見送ることができるということがあります。

 

「火葬式」がお勧めな人:@とにかくお葬式にかかる費用を抑えたい、A身内だけで、ゆっくり故人を見送りたい、B体力的・精神的にも負担が少ないプランが良い

 

質問:「菩提寺」(先祖代々の位牌が納めてありお付き合いのあるお寺)を呼べる?
回答:はい、問題なく呼べます。ただ、お布施の金額は菩提寺と直接決める必要があります。

 

火葬式の詳細はコチラ→

 

 

A一日葬

 

「一日葬」は新しい葬儀スタイルで、通夜式は行わず、遺族・親族・友人などごく親しい関係者のみで、「告別式」と「火葬」を
1日で行う葬儀形式です。

 

「一日葬」がお勧めな人:火葬のみの火葬式では個人とゆっくりお別れをする時間がないなど、時間的にもゆったりとした葬儀を行いたい人。

 

 

B普通の家族葬

 

儀礼的な弔問をなくし、家族中心で行う葬儀スタイルで、普通のお葬式の小型版といったスタイルです。

 

通夜、葬儀・告別式と言った儀式と火葬も普通のお葬式同様行われます。友人・知人には声をかけず家族・親族のみで行うか、ごく親しい人にだけ来てもらうといった人数を限定したスタイルなので、式場も自宅で行えば一般的な葬儀よりも低価格でできます。

 

普通の家族葬がお勧めな人:お葬式の規模は小さくしても、お通夜・葬儀・告別式と言った一連の儀式はしたいと考えている人。

 

 

C一般的なお葬式

 

「一般的なお葬式」とは、家族・親族以外に近所や仕事・友人関係の人を呼ぶ30から100名規模で行う葬儀になります。

 

「一般的なお葬式」がお勧めな人:故人の仕事を含めた交友関係が広く、身内だけではなくそうした知人関係の人も呼んだ一般的なお葬式をやりたい人。