家族葬 安い

お急ぎのあなたに【今すぐ最安値の葬儀社】をご紹介!

このページでは、今すぐ葬儀の手配が必要なあなたに、最安値でしかも安心して任せられる近くの葬儀社を見つけるための方法を紹介しています。

 

考え込む男性

 

ところで・・・

 

  • あなたはすでどこの葬儀社で葬儀を行うか、決まっていますか? 
  •  

  • その前に亡骸をどこにどうやって搬送するか、お分かりですか?

 

恐らく「まだこれから・・・」という人も多いのではないでしょうか。

 

病院からの紹介や親せき・近所の紹介もありますが、本当にそのままお願いしても大丈夫なのか、正直不安があるという人も多いと思います。

 

でも、それは当然です。

 

葬儀費用の相場は知ってますか?

多くの人は、葬儀について知識も経験もほとんどありませんので、葬儀にどのくらいの費用がかかるのか、どうしたら葬儀・家族葬が安くなるのか、皆目見当がつかないのが普通だからです。

 

では、どうしたらよいのか?

 

喪服と計算機

それは先ず、今すぐ見積もりを複数の葬儀社からとって、どんな葬儀がどのくらいの費用がかかるのか、葬儀の相場を知ることが重要です。

 

そしてその中から自分に合った葬儀内容と金額を検討して、決めれば良いのです。

 

これをしないと、後で葬儀社から出てきた請求書の金額を見て、びっくり!ということになります。

 

例えば車を買う時には、いくつかのディーラーを回って一番条件の良いところと契約しますよね。

 

葬儀もこれと同じことをやれば良いのです。

 

ただ問題なのは、葬儀の場合急なことが多いので、いくつもの葬儀屋を回って見積りを取る時間がないことや、そもそも葬儀社自体を知らない場合が多いことです。

 

これは簡単・便利!

喜ぶ女性

そこで、次の「葬儀費用無料見積もり一括サービス」を利用することをおすすめします。

 

この「葬儀費用無料見積もり一括サービス」なら、最大10社の見積りを無料であなたに代わって取ってくれます!

 

しかも見積りにかかる時間は、最短10分! 24時間365日で対応してくれます。

 

あなたが住んでいる地域や条件に合わせて、優良な葬儀社から見積もりを取ることができます。

 

見積りに必要な情報の入力は、たった1分程度で済みます。

 

 

見積り請求後のしつこい営業もありませんので、先ずはこちらから「一括見積り」を依頼してはいかがでしょうか。

 

詳細はコチラをクリック

↓↓↓

無料見積りサービスはコチラ

葬儀費用無料見積り一括サービス 【葬儀レビ】とは?

【葬儀レビ】は、最大10社の見積りをあなたに代わって取ってくれます!

 

葬儀レビ

【葬儀レビの特徴】

  • 全国400社の中から、最大10社の見積りを無料で取ってくれるので、あなたの地域で一番安い葬儀社がすぐに分かります
  • 実績豊富で安心:紹介実績年間4789件!
  • 24時間365日対応で、深夜の問い合わせでもOK!
  • 葬儀レビを通して葬儀を行った場合、2万円のキャッシュバックがもらえ、さらにお得!
  • 見積り先は、すべて第3者機関【葬儀レビ】の審査基準を通った優良な葬儀社で安心!

 

この無料見積り一括サービスを利用すれば、あなたが一件一件葬儀社にコンタクトしなくても、すぐに複数の葬儀社から見積もりを取ることができます

 

あとは、あなたがその見積もりを比較・検討するだけです!

 

全国葬儀社一括見積り請求はコチラ<<<クリック>>>

 

無料見積りサービス

ここまでやったら後悔しません!

【葬儀レビ】のサービスを利用して複数の葬儀社の見積りから自分の希望に合った葬儀社を選べば、後で後悔することなく納得の行く葬儀を行うことができますが、更に次のサービスと比較・検討した上で最終決定すれば、費用・内容ともに満足の行く葬儀を行うことができます!

 

これらは、葬儀の費用を極力抑え、不明瞭だった従来の葬儀費用を定額制など明確な形にして全国的に定評のある、【今注目の葬儀サービス】です

 

3つほどおすすめのサービスがありますが、特におすすめなのが「よりそうの(旧シンプルな)お葬式」です。

 

「よりそうの(旧シンプルな)お葬式」なら、直葬が税込128,000円!

 

シンプルなお葬式HP

運営会社:株式会社よりそう(旧みんれび)

事業内容:葬儀や供養などのエンディングに関する総合サービス

 

特徴は、

  • NHK他多数のメディアで紹介される。
  • 24時間365日、日本全国どこでも対応可。
  • 詳しい資料は、3日以内にお届け。
  • 相談の通話料【無料】。
  • 電話を受けてから1時間程度でお向けに来る。
  • 遺体を搬送した後のキャンセルも無料。
  • 追加費用なしの定額のお葬式を案内:葬儀に必ず必要な内容だけに絞り、費用を抑えた葬儀を案内
  • 格安葬儀プランは税込128,000円
  • 満足できない場合は、全額返金あり。
  • 事前割で葬儀費用が最大5万円の割引
  • 5,000円の割引券とエンディングノートを進呈。
  • お客様満足度97%
  • 無料の保険相談。

 

「よりそうの(旧シンプルな)お葬式」の問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

 

 

今すぐ上記のサービスに資料請求することをお勧めします。

その他、おおすすめの葬儀サービス

次におすすめなのが、「小さなお葬式」です。

 

「小さなお葬式」なら、家族葬が追加料金なし14万円から

小さなお葬式HP

運営会社:株式会社ユニクエスト・オンライン
事業内容:インターネットによる葬儀ビジネスの運営。葬儀用花配達事業

 

特徴は、

  • NHK他新聞、テレビ、数々のメディアで取り上げられる。
  • 全国対応が可能。提携式場4,012式場(2018年3月時点)と全国最多数の最高品質葬儀場と提携。
  • 24時間365日対応。
  • 葬儀受注実績No.1。依頼件数累計15万件以上。
  • 価格とプラン内容の徹底的な見做しにより、家族葬が追加料金不要で14万円からと格安:同じ低価格を提案している葬儀社では追加料金が発生するケースもある。
  • 簡単1分無料資料請求で、5,000円割引とエンディングノートのプレゼント!
  • 営業の売り込みは一切なし!
  • 希望地域の葬儀場案内を送付。
  • お客様満足度93.4%。94.3%の人が「知人に紹介したい」と回答するなど、満足度が非常に高い!

 

「小さなお葬式」の問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

小さなお葬式 新バナー

 

最後におすすめなのが、「家族葬のファミーユ」です。

 

家族葬のファミーユ

ファミーユHP

運営会社:株式会社エポック・ジャパン

事業内容:葬儀葬祭に関する一切の業務、フランチャイズシステムによる葬儀葬祭事業の展開

 

特徴は、

  • 24時間365日で対応。全国ネットで1,000カ所以上の式場で葬儀のお手伝い。
  • 毎年実績5,500件以上。満足度93%
  • 無料見積り作成、無料葬儀相談。
  • 無料会員になると最大15万円の割引
  • 初めての人でも安心な「葬儀資料」をプレゼント
  • 1日1組のお葬式で、ゆっくりとした時間を過ごせる。
  • 墓地・墓石、法要、諸手続きなど、葬儀後のこともトータルサポート

 

「家族葬のファミーユ」への問合せ・資料請求はコチラ<<<クリック>>>

 

 

 

これらのいずれかのサービスから無料見積りを取って比較すれば、納得の葬儀を行うことが可能です。

 

今すぐ資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

葬儀費用平均200万円!!

喪服と計算機

財団法人日本消費者協会が3年毎に実施している『葬儀についてのアンケート調査』によると、直近2010年のアンケート結果で葬儀にかけた費用の総額は、全国平均で1,998,861円、約200万円という結果になっています。(ちなみに最高額が810万円、最低額が20万円となっています)

 

新車が1台買える金額ですが、これを高いとみるか安いとみるかは個人の価値観にもよりますので一概には言えないと思いますが、結構な金額がかかる事は事実です。

 

また葬式を出した人の約3割が過去の葬儀代に納得できずに悔やんでいるというデータもあります。その理由は不明朗な業界慣行にあります。

 

急な不幸で葬儀に知識のないまま、葬儀社の言うがまま進めたら、後でびっくりするほど高い請求をされたという人が多いようです。

格安葬儀なら家族葬がお勧め!

葬式

先ず葬儀の費用・予算を安く抑えるにはどうしたら良いでしょうか?

 

それには葬式のスタイルを人数を抑えた「家族葬」にすることです。

 

「家族葬」とは参列する人を身内や親族・家族、親しい友人だけに限定して行う葬儀で、費用は一般的な葬儀よりもかなり抑えることができます。昔から言われる「密葬」も同じ意味です。

 

また最近よく言われる「小さなお葬式」、「シンプルなお葬式」は、この「家族葬」を含め「直葬」と言われるお葬式はしないで火葬だけするという、もっと費用を抑えたものもあります。

 

ただ、「家族葬」「直葬」と一言で言っても、葬儀屋(社)によってその内容が違うことが多いため、後で高い請求書が届いて驚いたというような話もよく聞きます。

 

そのようなことが無いように「葬儀費用が安くお値打ちで、安心して任せられる葬儀社」を今すぐ見つける方法をこの後ご紹介します

 

間違いない葬儀社選びとは?

悲しむ女性

多くの方は病院で最後の時を迎えることが多く、葬儀社も病院から遺体の搬送業者と併せて紹介される事が多いようですが、その業者にお願いしないといけないという訳ではありません。その葬儀社が信頼できる業者かどうかは分りませんし、費用も妥当なのかどうかも分かりませんよね。

 

ただ、一方で葬儀社選びにかけられる時間は限られていますから、できるだけ早く葬儀社を決めなくてはなりません。

 

早く確実に「信頼できかつ安い葬儀社」を選ぶには、先ずは

 

@しっかり見積りを取ること。

 

A実際に葬儀屋に出向き、見積りに基づいて直接話をする。

 

ことが必要です。

 

直接会ってお話することで、見積書だけでは分からない、葬儀社の社員の対応の良し悪しや雰囲気も分かるものです。
可能でしたら、数社とお話をし、比較することをお勧めします。

 

また見積りを取ると言っても手あたり次第にやっていたのでは時間が足りませんし、そもそも精神的にも大変です。。
すでに厳選された数社にあたり、その中で比較検討するのが賢明です。

 

そこで当サイトでお勧めするのが、上記の葬儀社になります。

 

お勧めの理由は、いずれも

  1. 豊富な実績
  2. 24時間365日の相談体制
  3. 明確な見積り
  4. 全国対応
  5. 高い顧客満足度

初めて喪主を務める人にも安心のサービスを提供しているからです。

 

先ずはこれらの葬儀社に同時に資料請求をして、比較検討するのが一番手っ取り早く間違いのない方法です。

良い葬儀社・葬儀屋の選び方−間違いだらけの葬儀屋選び!

病院で亡くなると、病院からすぐに遺体の搬送をどうするか聞かれることが多いと思います。
病院は生きている人のためのもので、亡くなった人は一時的に短時間「霊安室」に安置させてはもらえますが、できるだけ早く病院を出なくてはなりません。

 

多くの場合あらかじめ葬儀社を決めていることはないと思いますので、病院に業者への依頼をお願いすることが多いと思われますが、
遺体の搬送だけを取りあえず頼んでも問題ありません。

 

病院から紹介される葬儀者が良い葬儀社とは限りませんし、費用も高くなることも多いからです。

 

先ずは自宅まで遺体を搬送・安置し、その後葬儀をどの葬儀屋・葬儀社に依頼するかを「じっくりかつ手際よく」決めれば良いのです。

 

 

良い葬儀社選びのチェックポイント!

 

では「良い葬儀社」とはどんな葬儀社なのか、良い葬儀社を見分けるポイントをいくつかまとめましたので、葬儀社決定の際の参考にしてもらえればと思います。

  • 遺族の気持ちになって、遺族と一緒になって満足の行く葬儀を考え、提案できるか。

(高いプランばかり勧めて来ない)

  • 冷静さを失っている遺族の意を汲むために「聞く力」を持っているか。
  • 分かりやすいパンフレットなどの資料を用意しているか。
  • チラシの場合、「見えるもの」(祭壇写真の豪華さなど)に注目し、他社と比較して値段的に頑張っているか。
  • チラシに費用だけでなく、素人にも分かりやすく葬儀の流れや段取りについての記述があるか。
  • 葬儀社はサービス業。接客態度や言葉遣いなど、電話で問合せをした時から接客の基本ができているか。
  • 事前に明細のはっきりした見積書を出してくれ、詳しく説明してくれるか。
  • 素人の質問にも上から目線でなくきちんと丁寧に説明してくれるか。
  • いきなりプランの説明から始めるのではなく、施主の希望など丁寧なヒアリングをする顧客志向であるか。
  • 葬儀社に利益が少ない葬儀を希望しても、態度が変わらず丁寧な対応か。
  • 契約を焦って急がせたりしないか。
  • 葬儀を行う地元での実績は豊富か。
  • 費用の支払いまでに余裕があるか。
  • その他注意事項:一般価格○○万円のプランが、会員価格では○○万円!と謳ったチラシ・広告が多く見られますが、一般価格は業者が勝手に作ったもので本当に得なのかどうかの根拠があいまいなので、鵜呑みにしないようにしてください。

家族葬の種類について:あなたに合った家族葬はどれ?

お葬式の料金が安いのはいいのですが、安ければよいというものでもありませんよね。

 

やはり多くの人が気にするのは、正直世間体もありますし、「一般的にどんなお葬式が多いのか?」という点です。

 

そこで家族葬を選んだ人が、更にどんなプランを選んだのか、家族葬の種類をご紹介しますので、自分に合ったプランはどれになるか参考にしてください。

 

@火葬式(直葬)

 

火葬式は「直葬」とも呼ばれ、その名称の通り最低限の「火葬」のみを行うものです。
従って「お通夜」や「告別式」などの儀式は行わず、お寺も呼びません。限られた親しい人だけが火葬場に行き取り行う少人数にお勧めのプランです。

 

祭壇は無し、会葬者も招かないため、儀式の費用や接待の費用を抑えることができるので、極力費用を抑えたい人にお勧めです。

 

「火葬式」がお葬式の中で一番安い所以です。

 

「確かに費用は抑えられるけどあまりにも質素では・・・」と心配になる人もいるかもしれませんが、実はこの「火葬式」、故人の身内だけで行う家族葬(密葬)の中でも一番依頼が多いプランです。

 

メリットとしては費用以外にも、お通夜や告別式の準備や参列者の対応が必要ないので、時間的な制約が少なくゆっくりと故人を見送ることができるということがあります。

 

「火葬式」がお勧めな人:@とにかくお葬式にかかる費用を抑えたい、A身内だけで、ゆっくり故人を見送りたい、B体力的・精神的にも負担が少ないプランが良い

 

質問:「菩提寺」(先祖代々の位牌が納めてありお付き合いのあるお寺)を呼べる?
回答:はい、問題なく呼べます。ただ、お布施の金額は菩提寺と直接決める必要があります。

 

火葬式の詳細はコチラ→

 

 

A一日葬

 

「一日葬」は新しい葬儀スタイルで、通夜式は行わず、遺族・親族・友人などごく親しい関係者のみで、「告別式」と「火葬」を
1日で行う葬儀形式です。

 

「一日葬」がお勧めな人:火葬のみの火葬式では個人とゆっくりお別れをする時間がないなど、時間的にもゆったりとした葬儀を行いたい人。

 

 

B普通の家族葬

 

儀礼的な弔問をなくし、家族中心で行う葬儀スタイルで、普通のお葬式の小型版といったスタイルです。

 

通夜、葬儀・告別式と言った儀式と火葬も普通のお葬式同様行われます。友人・知人には声をかけず家族・親族のみで行うか、ごく親しい人にだけ来てもらうといった人数を限定したスタイルなので、式場も自宅で行えば一般的な葬儀よりも低価格でできます。

 

普通の家族葬がお勧めな人:お葬式の規模は小さくしても、お通夜・葬儀・告別式と言った一連の儀式はしたいと考えている人。

 

 

C一般的なお葬式

 

「一般的なお葬式」とは、家族・親族以外に近所や仕事・友人関係の人を呼ぶ30から100名規模で行う葬儀になります。

 

「一般的なお葬式」がお勧めな人:故人の仕事を含めた交友関係が広く、身内だけではなくそうした知人関係の人も呼んだ一般的なお葬式をやりたい人。

葬儀を安く済ませるには?

葬儀をできるだけ安く済ませるには、どうしたら良いでしょうか?

 

それには、@親しい人のみを招待するのか、一般の参列者も招くのか、 A宗教的儀礼を重視するのか、を決め、次に自分がどのような葬儀形式をするのか(@一般的な葬儀形式、A家族葬形式、B火葬・直葬)を決めた上で葬儀費用の内訳を知り、複数の葬儀社から相見積もりを取って比較検することです。

 

ただ亡くなってしまった後ではじっくりと見積りを比較検討する時間もないと思いますので、葬儀の可能性が感じられるようになってきたらできるだけ早く複数の葬儀社に見積り依頼をすることをお勧めします。

 

効率良く信頼できる複数の葬儀社から見積りを取るには、先に紹介したようなサービスを利用するのがお勧めです。

 

更に詳しく知りたい人は、コチラをご覧ください。

 

詳細はコチラ

 

葬儀レビ

更新履歴